☆彡自分好みでは無い時にはチェンジ

女の子が部屋へ来て、好みの子でなかった時に別の女の子に変更することが出来るのがチェンジです。
チェンジは1回までとか、2回までが無料となっている店もありますが、有料のこともあるのでお気をつけ下さい。デリヘルを利用する際にホテルに呼ぶ人が多いですが、中にはホテルのフロントで止められてしまうケースがあります。
貴方が宿泊をしているホテルにデリヘルを呼ぶことが出来るかどうかをまずは業者に確認すると良いでしょう。
あなたにとって最高の快楽というのはどのようなプレイなのでしょうか?
それは人それぞれあるかと思いますが、それを完全に求めることが出来るのが最近のデリヘルなのです。
デリヘルでは、自分の好みに合わない女の子が派遣されてくることもあります。
そのためにあるシステムが、デリヘル独自の「チェンジ」というワケです。
デリヘルで女の子が部屋に到着したら、「チェンジ」をするかしないかをまずは決めなければいけません。
多くの女の子がホームページなどで顔出しNGとなっているため、女の子の顔を知らないのに予約をすることになるのでチェンジをする勇気も必要です。

 

ハプニングバーの案内
http://www.watashinoharmonica.com/
ハプニングバー



☆彡自分好みでは無い時にはチェンジブログ:21-4-2017

主人は、本当によく話をしてくれる人です。

しかも、サービス精神旺盛なので、
必ず相手を笑わせようとしたり、
身振り手振りも大きくてわかりやすいです。

そんな主人なので、
主人といると、わしはすごく楽で安心で楽しい!
人の話を聞くのが大好きなわしにとっては、まさに理想の相手なんです。

普段わしは、周りに質問とか、話をふったりして、
自分に話が向かないようにしている節があるのですが、
主人の前ではそんなことをしなくても主人が話し続けるので、
すごく気が楽です。

唯一、主人がわしに突っ込んでくるときがあります。
それはケンカをしたとき。
とは言っても、わしが一方的に怒ることが多いのですけれど…

主人は、わしが怒った理由がわかれば解決できる…と思って、
「どうして怒ってるの?」「なにがきっかけで?」と訊いてくれるんですが、
わしは自分の気持ちを上手く言葉にすることが出来なくて、
沈黙してしまいます。

しばらくすると、主人は先に謝ってくれるので、
それで仲直りする…というパターンを長く続けてきました。

主人は、わしが怒ったり、わしの機嫌が悪くなったりすると、
その分だけ自分のテンションをあげてきます。

でも、そうやってふたりの空気のバランスをとろうと、
主人は主人なりの方法でがんばっていてくれたんだなぁ…と、
最近ようやく気づいたんです。

そうやって考えてみると、
怒っている理由も言わないわしに、
よく毎回謝ってくれるよなぁ…とか、

理由がわからないままだから気になるだろうに、
よく訊き返してこないよなぁ…なんて、
主人のすごいところがどんどん見えてきたのでした。

そうやってわしを大切にしてくれている、
尊重してくれていることに、気づくことができました。


ホーム サイトマップ